スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    なぜ今どきの男子は眉を整えるのか

    • 2013.06.03 Monday
    • 00:31
    JUGEMテーマ:読書
     草食男子とか、色々あるけどそんなの江戸時代からやってるさ、それにほら、分析してみたら、母系社会の曖昧さがさあ、みたいな感じ。
     まあね、ひげ剃ってない男子が今、ありえねえのだから、眉だってそれはそれさ。小綺麗にしたいってのは、平和な証拠なんだな。

    日本の「かわいい」図鑑

    • 2012.12.25 Tuesday
    • 21:37
    JUGEMテーマ:読書
      言ってみれば、竹久夢二のグッズってのは、ファンシー・グッズのさきがけなわけだ。
     今、kawaiiは世界語になりつつあるんだとか。カルチャー輸出の最前線。アニメとkawaii。それが輸出品なわけだ。
     そういや、かつて(昭和初期?大正?)は年上のセンパイに「あのセンパイかわいいわね」というのは、大変不敬だったそうな。かわいいのは、後輩。でも、だんだん、「あのセンパイのお持ちの便箋はとてもかわいい絵がついていてよ」みたいに、所有物に使うようになり、やがて、年上に対しても、かわいい、になってきたんだそうで。
     これは日本語の変遷というより、価値の変遷なんだろうなあ。

    ふしぎ盆栽ホンノンボ

    • 2012.12.23 Sunday
    • 21:32
    JUGEMテーマ:読書

     おそるべきベトナムの盆栽。盆景なんだけど、中国のに比べて、あっと驚くほど、緩い。ゆるすぎる。もはや、おまぬけと言っても良い。でも、愛されている、巨大盆景。

    昭和子どもブーム

    • 2012.10.07 Sunday
    • 20:38
    JUGEMテーマ:読書
     昭和と一口でいうけど、割と長い。でもって、わしも昭和生まれなんだけど、ちょこっと時間がずれると、さあ、もう、その熱さが判らない。いや、知識としては判るよ?でも、その思い入れというか、皮膚感覚というかは全然違う。ううむ。
     思ったこと。
     ニッポン、見事に著作権の意識無かったんだなあ。
     それから、江戸期からだけど、この国では本当にコドモってものが大事にされたというか、経済の対象とされたというか、何か、複雑だ。

    ディズニーを支えた技術

    • 2012.08.27 Monday
    • 21:28
    JUGEMテーマ:読書
      ディズニーの良さは、あんましわからん。特にキャラクターの良さとか、ランドやシーの良さ。いや、映画は良いと思うよ?思うけどさ。しかし、ビジネスモデルとしては大変優秀なのが判る。ザ・成功者。すごいよね、いちいち。
     というわけで、映画からランドからCGからキャラクターから、分析してみました本。なかなかうがってる。

    なつかしの小学校図鑑

    • 2012.08.21 Tuesday
    • 20:59
    JUGEMテーマ:読書
      わしよりも微妙に上な世代っぽいなあ。
     あの頃の小学校の様子を絵で表しているんだけど、なかなかよろしいな。

    大阪・関西の「謎と不思議」を歩く

    • 2012.08.11 Saturday
    • 20:25
    JUGEMテーマ:読書
     雑学小ネタ系としては常識なトピックがほとんどだけど、時々、へえ、なのがあったのが発見かな。
     でも、メモるの忘れた・・・・

    妖怪手品の時代

    • 2012.06.30 Saturday
    • 21:22
    横山 泰子
    青弓社
    ¥ 2,100
    (2012-04-25)

    JUGEMテーマ:読書
      妖怪手品。初めて聞くタームじゃん。
     要するに、手品なんだけど、ちょっと妖怪をからめましたよ、みたいな。江戸時代からあるんだけど、お座敷芸としての妖怪遊びというか。そういう大道芸みたいなのもあるけど、お座敷で旦那がやってみせて受けをとる、みたいなそんなちょろい目的もあったりとか。
     いやあ、素敵すぎる。

    先斗町のすべて 決定版

    • 2012.04.30 Monday
    • 23:20
    JUGEMテーマ:読書
      まず、これをきちんと読めるかどうか、そこから始まるなあ(笑
     ぼんとちょうである。何をどうしたら、ぼんと になるのか、最後まで謎だった。無論、未踏の地である。故に、想像も付かない世界でもある。
     京都、恐るべし。

    お茶会のマナー手帖

    • 2012.04.05 Thursday
    • 11:57
    JUGEMテーマ:読書
     思ったこと。
     決まり事が多すぎる!これまた、流派によって詳細が変わるわけじゃん?ああうう。基本は利休だった筈やのに。
     ということで、判ったことは、お茶会によばれてもご辞退申し上げるべきであること、どうしてもご辞退申し上げられない場合は、先の席のヒトを見てまねをするべきであること。
     以上。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    図書館戦争

    『図書館戦争』公式サイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    詭弁論理学
    詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
    野崎 昭弘
    2005年9月8日参照

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM