スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ドラことば

    • 2013.02.11 Monday
    • 18:51
    JUGEMテーマ:読書
      ドラえもんの中から、実は凄い台詞を集めた本。いや、昔の小学館ばりばりで、道徳じゃん、みたいな台詞を惜しげもなくぱんぱん吐いている吐いている。基本的に、コドモを、というか、ニンゲンを育てようって意気込みがばりばり感じられる。昔はこれでも、非教育的なマンガだったってんだからなあ。
     でも、歯に衣着せぬにもほどがある台詞もぱかすかあって、笑える。

    きのこ文学大全

    • 2012.10.04 Thursday
    • 20:22
    JUGEMテーマ:読書
      というか、いやもう、ここまでおばかな本が出るとは、もう、リスペクト!ひたすら尊敬!まぢで、嫌味や皮肉ではなく、心の底からマンセー・ハラショー!
     つまり、きのこが出てくる文学は全て、きのこ文学。こういう分類法が他の植物では可能だろうか。古今東西の文学、映画、脚本、絵本、以下略から、ともかく集めに集めたり。きちんとブラッドベリの短編もあって、あ、これはホンモノだと思った。
     思えば不可思議な生物だね、きのこ。

    マンガの遺伝子

    • 2012.04.01 Sunday
    • 07:43
    JUGEMテーマ:読書
      いろんな漫画の書評だと思っても良い。でも、構造的な問題も扱っていて面白かった。
     漫画論て、このところ、増えてきた気がする。というか、絶対に文字オンリーの所謂1次元系よりも経済的には膨大なマーケットなのに、その研究て進んでないんじゃね?映画論でさえもっと表に出てるのに、その何万倍?もある漫画業界がこんなに地味でいいのかい?とか思う。
     でも、レース漫画で、初対面の実の妹と結ばれる事を目標?にして貪欲に勝ち進む主人公て、どうなのさ?

    ふしぎなふしぎな子どもの物語

    • 2011.10.20 Thursday
    • 20:27
    JUGEMテーマ:読書
      正確に言うと、これは書評ではない。というか、この方、現役のばりばり児童文学者なんだけど、彼曰く、書籍の児童文学だけが物語ではない。これは、ぶっ飛んだ。だから、第1章はいきなり、ゲーム、RPG論から始まる      ええええ!?
     続いて、ウルトラマンとかの実写ヒーローモノ、少年漫画、少女漫画、アニメ、それからようやく児童文学だ。
     そうか、誰もが物語を必要としているけれど、必ずしもそれは活字ではないんだ。
     特に、仮面ライダーの変遷が大変面白かった。わしの知らない世界。

    アラビアンナイト 文明のはざまに生まれた物語

    • 2011.09.30 Friday
    • 20:16
    JUGEMテーマ:読書
      知らなかった。実は、アリババの話は、舞台が中国だったなんて!
     というわけで、アラビアンナイト。これ、元はアルフ・ライラ・ワ・ライラ(千夜一夜)の英訳なんだけど、エキゾチズムってか、そういう趣味の元で、貴族にもてはやされ、いつの間にか庶民にまで、という事だったらしい。アラブ諸国なんて、キリスト教国からすれば、宗教上の永遠の敵だったんだけど、異文化の発見って思想が出てきて、こう、識字教育が交流してきたヨーロッパの読み物としてもてはやされたんだそうで。
     それはそうと、元には無かった物語が付け足されーのとか、実は千も無いとか、これ、実はすんごい面白いんじゃね?
     とはいえ、実はわし、未読なんだよなあ、原典。無理。

    江戸東京怪談文学散歩

    • 2011.06.12 Sunday
    • 18:50
    JUGEMテーマ:読書
      怪談文学の現場を歩こうというもの。まあ、大時代のものが多いので、最近のはない。そこが江戸東京って感じ。

    筒井康隆の「仕事」大研究

    • 2010.12.10 Friday
    • 20:57
    JUGEMテーマ:読書
      読んで思った事。
     読もう、筒井。
     いや、有名所を何本かは読んだよ。それから、野田劇のThe Beeも観た。(筒井氏の原作だ。)
     でもなあ、ここまでバケモノだとは。
     ここんとこの、都条例騒ぎで、わしは筒井氏の断筆騒ぎを思い出した。自主規制だけで、あれだけなのに、法規制なんて、冗談じゃねえや、とか思う今日この頃、そこんとこ、色々と筒井氏に伺いたいもんである。

    時そばの客は理系だった

    • 2010.11.02 Tuesday
    • 19:18
    JUGEMテーマ:読書
      落語も文学作品と考えたら、まあ、書評になるのかなあ、これ。
     落語のネタを数学的に考えたら、という内容。
     純粋に落語のダイジェストだけでも面白かった。

    スゴい雑誌

    • 2010.09.10 Friday
    • 09:58
    JUGEMテーマ:読書
      そういや、PC雑誌と園芸雑誌、それからパズル雑誌っくらいしか、縁がないな。と、思ったら、いやいや、うちの業界誌もあったなあ、と、読みながらぼんやり。でも、それはあまりにメジャーな為か、掲載されてなかった。わはは。
     寺の雑誌とか、アイスクリームの雑誌とか、看護師の雑誌とか、スーパーの雑誌とか、すげえ。
     というわけで、堪能しました。これは、実物の雑誌も是非とも見てみたいもんだ。

    空想世界での暮らし方

    • 2009.11.05 Thursday
    • 12:13
    JUGEMテーマ:読書
      ペンギン村とかナウシカの世界とかでの暮らし方。生計の建て方とか、世界状況とか。
     でも、ちょっと中だるみ的な読後感。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    図書館戦争

    『図書館戦争』公式サイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    詭弁論理学
    詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
    野崎 昭弘
    2005年9月8日参照

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM