スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    世界の中心、針山さん

    • 2012.07.22 Sunday
    • 21:23
    JUGEMテーマ:読書
      面白い!
     テーマが別々のエピソードが重なり合って、そして実は中心にいる針山さんには全く影響がない、という台風の目的な話。
     いやあ、素敵だ。

    ゼロの使い魔 16

    • 2012.05.16 Wednesday
    • 09:53
    JUGEMテーマ:読書
      で、新居を構えたサイト。でも、籍は入れてない。立場からすればそれも可だろうけど、嫁が侯爵の娘て、重すぎないか。良いけど。どうせ胃世界人だから。
     そして、新たな刺客。てか、もしかしてこれはタバサ関連か。みたいな。

    ゼロの使い魔 15

    • 2012.05.14 Monday
    • 09:49
    JUGEMテーマ:読書
      で、記憶が戻って、またでれでれなお二人さん。
     しかし、陰謀の話が出来るようにまでこの作者は成長したんだねえ。みたいな。(大無礼

    涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版

    • 2011.07.24 Sunday
    • 00:41
    JUGEMテーマ:読書
      延々とでなかったハルヒがようやく出た。
     というか、出ると同時に購入してたんだけど、これまた記録忘れってやつで。
     感想。
     何か、かなり進展しましたな。
     そして、そうきたか!!後輩!後輩!
     やっぱり、何度読んでも、この作者、すんごいSF読みだ。もしも、この主人公がリアルに居たなら、すんごい趣味が合うんだろうなあ。

    キノの旅 11

    • 2010.12.16 Thursday
    • 21:14
    JUGEMテーマ:読書
      いつも思うけど、うまいよなあ、この作者。
     学校の国とか、戦場カメラマンの写真展見に行った後なので、フクザツだ。
     つながっている国は、うーん、耳が痛い。
     王女を守るための攻防戦の話、これが一番、話としてだいどんでん、だったかな。良いも悪いも無い。
     それはそうと、あとがき、次はどこへ。

    ヴァルプルギスの後悔 Fire3

    • 2010.12.14 Tuesday
    • 21:07
    JUGEMテーマ:読書
     取り敢えず、一段落。
     うーむ、返り討ち。
     カミールがどうなるのか、とか、ハートレス・レッドがこの後、出世の一途なのか、とか、色々と含みをもたせつつ。

    ヴァルプルギスの後悔 Fire2

    • 2010.12.13 Monday
    • 21:06
    JUGEMテーマ:読書
      既に、ブギーポップが、まっっっったく、出てこないし(笑
     しかも、常人だけど、強いってのが売りだった炎の魔女が、どんどん、普通じゃなくなっていくし。
     まあ、しょうがないんだけど。
     というか、母ちゃん。おい。

    マキゾエホリック Case3

    • 2010.10.10 Sunday
    • 23:11
    JUGEMテーマ:読書
      テーマは魔法少女。でも、これって、世にあまねく魔法少女モノへの大いなる皮肉だな。
     今回も、ストーリーは随分と手が込んでいる。あのロボット大戦は、これの伏線だったのか!とか。
     でも、本当に、正体がばれたら困る、変身後の正体は誰にもばれていないと思いこんでいる魔法少女と、その敵ってのも、何だか随分とおめでたいなあ。

    マキゾエホリック Case2

    • 2010.10.09 Saturday
    • 23:09
    JUGEMテーマ:読書
      無茶苦茶な話の第2話。
     いつも昼間は眠ってばかりの吸血鬼?少女のお陰で、色々と面倒な事になったぞ、というのがメインストーリー。更に、今回も黒幕が暗躍している。
     感想。
     女の友情って、こわい・・・。
     あ、後、無敵の?幼なじみ、という記号も気に入った。なぜか、関係者全員と幼なじみであるという得意体質?

    マキゾエホリック Case1

    • 2010.10.08 Friday
    • 23:04
    JUGEMテーマ:読書
      無茶苦茶な話。
     転校を重ね続けた主人公。今度こそおとなしい人生を、と思っていたのだが、転入先のクラスには、ロボット乗りに巫女、異世界から来た姫君と勇者、遺伝子操作で生まれたらしい超能力者、身長15センチから2m越え、御嬢様と下僕、吸血鬼っぽいの、殺し屋、普通でない人材がごろごろしている。そして、それらを束ねている?のが、監視委員。
     でも、そんな無茶苦茶の中、結構、ストーリーは面白いぞ。あれ?
     転入したのはいいけど、転入データが全て消えていて、しかも、転入生を名乗る人物がもう一人現れてしまった!  というのが、メインストーリー。
     一番気に入ったのは、黒幕だなあ。良い性格している。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    図書館戦争

    『図書館戦争』公式サイト

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    recommend

    詭弁論理学
    詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
    野崎 昭弘
    2005年9月8日参照

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM