スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    図書館内乱

    • 2008.02.14 Thursday
    • 15:59
    評価:
    有川 浩
    メディアワークス
    ¥ 1,680
    (2006-09-11)
    JUGEMテーマ:読書

     第2巻。
     ちなみに、これの巻末についていた図書館戦争の宣伝ページの登場人物につけられていたツッコミに大受け。
     笠原郁 熱血バカ。
     堂上篤 怒れるチビ。
     小牧幹久 笑う正論。
     手塚光 頑な少年。
     柴崎麻子 情報屋。
     玄田竜助 喧嘩屋中年。
     で。
     今回は、小牧の彼女(仮)の聴覚障害の女子高生を巡る話、でいいのかな。何つかこう、言論の自由てか、そういうのを考えると、いいぞ、やれやれ、とか自分は思う。
     手塚の兄も、良い悪役やってる。王子様、か。わはは。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 15:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM