スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    図書館革命

    • 2008.04.19 Saturday
    • 07:37
    有川 浩
    メディアワークス
    ¥ 1,680
    (2007-11)
    JUGEMテーマ:読書

     ついに最終!でもって、この方のパターンとして、恋愛成就は間違いなく。政治的にはともかくも。
     取り敢えず、作家変装シーンには笑った。大阪の路上発砲はかっちょよかった。

     で。全巻読了して思ったこと。
     つか、わしらもじゃん。
     思い出した。内部用準報告ペーパー(仮)のタイトルに、「スクラム」とつけようとしたら、当時の艦長(仮)から呼び出しを喰らった。
     曰く、このタイトルは変えられないか。
     何でやねん。みんなでがっつり協力して闘いましょ、ゆうんが何であきませんねん、れっきとしたラグビー用語でっしゃろ?
     が、返答は、はあああ!?だった。
     曰く、その用語は、組合活動を彷彿とさせる。
     くみあい。
     何ですかそれは。
     まあ、そのころはまだ若かったし、意地張って拘泥するほどのタイトルでもなかったので、引いたと思うんだが、でも、それにしたって、何なんだそれは、と、思ったのを思い出した。

     昔、雑誌のSPA!がもう少し、硬派な?内容だった頃、割と読んでいた。目的は、「ゴーマニズム宣言」。はっきり言って、嫌いな作家だったが、そして、言ってる内容も、時々、は?てのも多かったが、それでも、切り込みにくい話題に切り込んでいる姿勢は好きだった。
     そこで、差別用語について取り上げていた。出版者側の自粛。
     あ、これか、と、思った。

     このクニは、思いやりで出来ている。らしい。でなきゃ、他国の軍隊にあんな巨額の捨て金をやるもんか。
     でも、それって、お節介じゃねえの?とか思う事、多々でもある。被害者の立場を考えて  じゃ、お前、被害者かよ。しかし、そういう善意が、世論を動かすんだな。すっげえ、けったくそ悪い。
     イラク人質事件の時だって、あのバッシングは一体何なんだ。ネットの知り合いが、猛烈な勢いで非難してたが、それで、完全に、俺は引いた。俺が考えていたのは、一体、誰が得をするのか、という事だけ。このバッシングで、誰かが得をする。そして、それを知らない、「善意の」「良識のある」人々が、騒ぎ立てている。踊るのは、そして踊らせるのは好きだが、誰かの隠れた思惑で踊らせられるのは大嫌いだ。
     で、この図書館戦争である。内容は、そこらで書かれてるので、はしょる。
     新ボスを、俺はいまいち、信用し切れていない。なぜなら、3週間目で、うちから 印刷する前にゲタ判を、とか発令したからだ。
     ゲタ判。
     俺は、民間を知らないので、それが通常なのかどうかは知らない。ともかく、所属長・副所属長・担当者・執筆者、と書かれた欄のはんこで、これに全部判をもらってから印刷に回せ、というヤツだ。
     その瞬間、あ、じゃあ、報告紙は出すまい、と、決意した。
     だいたい、ゲタ判ツアーに出したら、下手したら数日返ってこない。小さい艦なんだから、直接見せて何があかんねん。
     ここが公的機関だってのは知ってる。でも、役所じゃねえ。現場なんだ。1分を争う場所だ。尾籠な話だが、便所に行くヒマだって、下手したら無くなる。実際に、それで病気になるヤツだって居る。
     で、ゲタ判すか。そうですか。
     それまでだって、はんここそ無いにしろ、副所属長→所属長に目を通してもらってから出してたぞ。で、何で、形式に拘泥するんすか。それが正しいんはわかりまっせ。判るけど、退っ引きならない現場を見て、それを言う。
     それが保身になるのも、判ります。何かクレームがついたとき、守ってもらえるってんでしょう。でも、そんな程度なら、俺は、発行しない方に1票っす。
     と、怒り心頭だったが、ま、そんなのを口に出してどうって事もない。黙って、発行しなけりゃ良いだけのこと。
     てか、ボスがしばらく出張から帰ってこないのを待って、副所属長にだけ判子もらえば良いだけのこと。
     しかし。
     こないだ、配布用ペーパーに、「雑草を観察したら、案外、発見が、」みたいな文章を書いた。ら、副所属長から、赤で校正が入った。雑草という表現は嫌うヒトも居る。植物、にしておいた方がいいです。
     はあああ!?
     待ってクダサイよ、だって、前後の文脈見たら、それが、”雑草”である意味があるやないですか。無視されるような、ニンゲンに役に立たないと思われている草にも、特性があり、みたいな、そういう話やないですか!
     目眩がした。
     副所属長は、そんなコトバにどうこうなる方じゃない。てことは、過去、雑草と書いて、クレームをもらったことがある、ということだ。・・・・表現の自由ってか、適切な表現を求めるんは、あかんのっすか?
     一応、俺は、広義の図書館関係者である。タスクフォースではないけど。なあ。そんな、コワイもんっすか、他人様からのクレームが。
     確かに、イラク人質総バッシングみたいな、不条理が成立してまうクニではあるけど、でも、それは、お前ら、上の誰かに操作されとるだけやで、と、それを言うたったらええだけのこと。
     てか、今回のチベット問題だって一緒や。俺は、中国のチベット政策は嫌いだ。ごっつい、間違いやと思う。でも、今回のアホ騒ぎは、完全に、利用されとる。踊らされとるぜ、お前ら。まともなニンゲンなら、憤るやろう。けど、今回、中国批判をする事によって、カクジツに、誰かが得をする。しかも、億単位以上の得をする。銭の問題以上の得をする。お前ら、ええように踊らされとるだけやで。
     まっとうなやり方ってのが、ある筈だ。それは、非常にいらつくやり方だが、それでも、ここは法治国家だろう?本当に動きたいのなら、きちんと筋を通して動け。その動き方が判らないから、うろうろ、違法行為ってのは、それは違うだろ。
     ぶっちゃけ、ネットで呟いていくやり方も、俺は嫌いだ。話し合うのなら、それはそれでいい。そのためのネットだ。でも、単にコトバを吐くだけなら、お前、ヤツらと同じじゃねえの?

     俺は、政治ネタは、ネットでは語らない。それは、直で話すべき事だ。顔も見えないヤツと、話すような、そんな軽い問題じゃねえからな。
     お前ら、世間になるな。それはひどく前近代的なモノで、このクニのニンゲンは、すべからく、世間に見放される事=抹殺 だった。

    結論:マジョリティが盲いたまま動かされるのは、俺は大嫌いだ。
    教訓:SF小説?は、案外、現実そのまんまだったりもするんだな。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 07:37
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM