スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    シアター!

    • 2010.08.23 Monday
    • 15:15
    JUGEMテーマ:読書
      ラノベにすべきか、文学にすべきか。まあ、出版社で色分けしてみよう。
     つぶれかけた劇団の主宰の弟に泣きつかれて、遣り手の営業マンの兄が鉄血宰相として長刀をふるう。
     劇団業界って、そういやよく判らなかったなあ。わしが観に行くのは、メジャーのばっかりだし。
     それにしても、毎度だが、会話の軽妙さと毒とが気持ちいい。
    「吊すぞ」以後、使わしてもらいます。後は、「何にも言ってないのに、なぐさめに来てもらえたと思ってる、珍しい娘さんがここにいまーす」ってのも良いな。
     兄ちゃんと、彼女が一番良い感じやったんやけど、おそらくは、腐った連中はそうはみないのだろうな。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 15:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      こんにちは。同じ本の感想記事を
      トラックバックさせていただきました。
      この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
      お気軽にどうぞ。
      おおきに有り難う御座います。
      結構、重なりますなあ。
      でも、何か、そちらのトラックバックの仕方がよお判りません。しばらく足掻いてみます。
      • .
      • 2011/04/03 2:39 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      小劇団―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの30...
      • 粋な提案
      • 2011/03/16 12:47 AM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM