スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    旧怪談

    • 2010.12.15 Wednesday
    • 21:09
    JUGEMテーマ:読書
     というか、おっっっもしれーっっっ。
     京極による、耳袋の再話だけど、彼の意訳によれば、何だ、フツーに都市伝説じゃん。
     思ったんだけど、コワイってのは、判らない、って事から来てるんだなあと。つまり、これはこれこれのせいでした、というオチが無い。前世の祟りでした、とか、悪い鬼のせいでした、とか、無い。ただ、真っ青になって、黙ってしまって、誰にも言わなかった、とか、ただただ、気持ち悪いのが蠢いていたから叩き割ったら、5両が出てきた、とか、ともかく、不条理。妄想だったんでしょう、と一応の決着をつけておきながら、でも、使用人も、確かに見たとか言ってるし、みたいな。更に、20年行方不明だったのが帰ってきただけでしょう、でも、じゃあ、何で、着物が座敷に上がった途端に、ざらざらと塵になって崩れちまったんでしょうなあ、とか。
     世界って、そんなに、きれいには出来ていないと思う。今でも。わけわからん事だらけだと思う。今でも。そして、それはそれでいいんだと思う。少なくとも、このクニでは。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 21:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      旧(ふるい)怪談―耳袋より (幽ブックス)作者: 京極 夏彦出版社/メーカー: メディアファクトリー発売日: 2007/07メディア: 単行本 江戸時代の不思議話・都市伝説を集めた耳袋 それを怪談の第一人者京極夏彦が現代語訳したのが本書だ。
      • 本読みの記録
      • 2011/02/18 10:52 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM