スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ハーモニー

    • 2012.11.16 Friday
    • 18:59
    JUGEMテーマ:読書
     友人が伊藤計劃を読み終えて暗然としたとつぶやいていたので借りてみた。そして、衝撃を受けた。
     おい。伊藤。何時の間に勝手にこの世から素で退場してんだよ。
     いや、本人の望んだ事じゃないのは重々承知だけど、まだまだまだまだ若いのに、一体何をやってるんだ。デビュー、もとい、SF大賞の辺りには虐殺器官を読んだのは覚えている。それから数年だぜ。何やってんだ。
     で。
     正確に言うと、読んだ順番は、この後のメタルギアソリッドのが先。こっちのんが後。
     なもんだから、一見、神林世界的な、京極未来的な世界のくせに、あ、やっぱり最後は伊藤節だったと。
     後で読んだ作品の中で、神林長平が、ばりばり「伊藤計劃」と対話しているんだけど、彼は呪いを残していく。そんな、呪いの本、かもしれない。
     俺は神林チルドレンだな。彼同様に。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 18:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM