スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    8月6日「痛快!ピラミッド学―Amazing study of Pyramids & ancient Egypt」

    • 2007.08.06 Monday
    • 16:04
     正確には、考古学系。
     えーと、古代エジプトとは言ってもすげえスパンが長くて、古代エジプトの最後らへんになると、もう、ピラミッドの事がほとんど判らない状態。だって、平成人に、縄文技術を尋ねたって、判らんだろ、的な時間経過があったわけで。
     吉村氏だから、アツイアツイ。で、時々、手塚氏の三つ目が通る!の漫画をそのまま入れてるので、すげえカオスな1冊。中身はそれなり本格入門なんだけど、すげえ、キテる。
     ピラミッド作りは、苦役ではなく、農閑期の補助だった、みたいな説とか、うんうん、だった。
     後は、トンデモ説に、一応、丁寧に反論なさってた。真面目なんだなあ。
     カーとバーの違いとか、素人には判り安いと思う。
     判った事は、ニホンの学術団体が、結構、エジプト政府の肝いりで色々やってるんだなあってこと。フランスとかアメリカとか、現地の気分逆撫でして、逆鱗に触れてるもんな。そういうメンタリティを重要視出来る学術団体である事って、すげえ誇りだ。銭だけじゃなく、技術だけでなく、目に見えない気持ちまで分かるってね。
     遺跡は、ブツだけど、死んでるけど、でも、クニの誇りだって事では、生きてるんだよなあ。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 16:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      考古学といったら皆さんは遺跡を発掘する程度のイメージしかないのでしょうけど、実際はもっと奥深いのです
      • 大庭 の日記
      • 2007/08/08 3:44 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM