スポンサーサイト

  • 2013.11.21 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    10月4日「親より稼ぐネオニート―「脱・雇用」時代の若者たち (扶桑社新書 6)」

    • 2007.10.04 Thursday
    • 01:12
     思った事。
     ネオニートとかいうけど、全然、それ、ニートちゃうやん。普通に、在宅勤務自営業じゃん。
     もう1点。
     これを読んだら、誰でも出来るような感じだが、やっぱり、それに至るまでのエネルギーと最低限の技術は、絶対必要だと思う。
     エヴァ世代というコトバがあるんだそうだ。「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ」な、あの世代。広義には、自分もそれっぽいかな、とか思うけど、幸か不幸か、公務員という、ぷちアスペルガー気味な引きこ森系が就労するのに最適な職業に就けた。
     取り敢えず、この本を読んで、動けるヤツは、絶対、どこの業界へ行っても、使えるヤツなんだと思うよ?ただ、才能が邪魔し過ぎてるだけで。

    スポンサーサイト

    • 2013.11.21 Thursday
    • 01:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      図書館戦争

      『図書館戦争』公式サイト

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      recommend

      詭弁論理学
      詭弁論理学 (JUGEMレビュー »)
      野崎 昭弘
      2005年9月8日参照

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM